2013年02月25日

今更「阿知賀のドラゴンロードシュミレータ」で打ってみたら跳満どころか役満まで出現!(やっぱりチート)

以前から存在知っていたものの、やっていなかった「阿知賀のドラゴンロードシュミレータ」を試してみた。

すると和了出来ると跳満は確実、役満も数回出現した。
まずは跳満の成功例。
ツモドラ6(2).bmp

ツモドラ6。
赤5pが来ると思いきや来る前に和了。
表ドラ6mを暗槓せずに使い切れたのも良かった。
(赤5pが来たら1mか3pを切って雀頭を赤5pにして対処すればどうにかなる)


ツモドラ6.bmp

同じくツモドラ6。
これ、赤5pの2枚目が来ると形を変えざるを得なくなる・・・というか崩れるので和了出来ない可能性が高い。
玄の能力の面倒なところは、「ドラ全てが来る前に和了出来るようにする」・「ドラ全てを受け入れられるようにする」の両立がかなりキツい。
ドラが来る前提(予測)の上で形を組み立てるのが最善なんだけども、うまく行かなかったケースが多い。




次は倍満。
一番和了したのが多いのが倍満だった。(18回)
全部は載せず一部のみ(出来るだけ違う役のものを)を載せてみた。
タンヤオツモドラ8.bmp

タンヤオツモドラ8。表ドラ2mを暗槓しての成功例。
槓ドラ4pは1枚のみ、赤ドラは赤5pが一枚だけ来ず。(赤5p来てたらまたアウト)
暗槓のタイミングが遅いと槓ドラが全部来る前に終局する。それが良かったようだ。


タンヤオ平和一盃口ツモドラ5.bmp

タンヤオ平和一盃口ツモドラ5。(平和は2回しか成功していていなかった)
阿知賀編4巻で玄が和了していたものに近い形だとこれだろうか。
7順目ツモと順目も早かった。
赤5pが来る、と思ってこの形にしたらドンピシャ。(ちなみに赤5p一枚引いた後に8p捨ててもう1つの赤5pを引くと二盃口も可能だったとは)
(表ドラの4sが来てたら444456sの形にして5s6s捨てで対処)



三倍満を飛ばして、まさか出現するとは思わなかった役満。
(三倍満と役満で役も同じだったりしたので、三倍満は割愛)
タンヤオ三暗刻ドラ16.bmp

2回暗槓しての唯一の成功例。タンヤオ三暗刻ドラ16。
表ドラと槓ドラが重なったのが幸運だった。
赤ドラも全て使い切り、暗槓もしているのでドラ16という恐ろしい数字が出た。
多分、暗槓を2回すると運良くドラが重なると成功するかも・・・といったところ。
(3回暗槓した方がいたら本当に凄いと思う)


タンヤオ平和一盃口三色同順ツモドラ7.bmp

タンヤオ平和一盃口三色同順ツモドラ7の数え役満。
これだけ役が複合したのはこれだけ。(三色同順は2回しか成功していない)
シュミレータを行っていて難しいのは平和と三色同順。(一盃口も容易ではない)
役はタンヤオ、ツモが多い(玄もそうだったし実際ドラゴンロードはそうなるのかも)。


三暗刻白ツモドラ9.bmp

三暗刻白ツモドラ9の数え役満。
役牌で和了した例を載せていなかったので。
赤5sが来るかと思って345sにしていたのだが、赤5sの前に槓ドラの7pをツモ。
和了した成功例の内、6回が三暗刻だったので玄も三暗刻和了できてもおかしくないと思う。


四暗刻.bmp

ドラゴンロードが唯一出せる役満であろう四暗刻。
ちょっと珍しい例で表ドラ以外を暗槓している。(そして運良く5pが槓ドラ)
赤ドラと表ドラを対子と刻子にすれば可能で、今回シュミレータを行っていて計3回出現した。
(上記に書いた平和と三色同順は2回なのに四暗刻は3回。ある意味凄い)


感想:最初慣れるまでが大変だった。
意外と赤5pが来ない事がある。
そして表ドラ4枚目が来ると暗槓しなければならない事が多い。(暗槓のタイミングが重要だけども、結局まだタイミングがはっきり分からない)
暗槓しなくても良い形に出来るかが重要。
また表ドラ2枚だと一盃口に組み込める。(赤5pが一番組み込みやすい)

失敗も相当したが、成功すると点数が高いので気持ち良い。
→1回あたりの平均点が19862点。子の倍満以上三倍満以下。やっぱり有り得ない。

本当に玄とは対戦したくない。こんなの嫌です。
ドラが来ないモードについてはまた今度書こうと思います。
posted by 3回槓 at 22:31| Comment(3) | 麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドラ16は草不可避
Posted by at 2013年02月25日 23:50
実験おつです
自分でドラローシュミレーター作って実験した時はあまり和了できなかったなあ(なおカン機能はつけていなかった模様)
ドラローの期待値などを詳しく調べてみたいものです
Posted by 三筒ドラ切り at 2013年02月26日 00:15
ある程度の未来予測打法や経験則的な部分で
ドラローでの最適な打ち方に慣れたら本当に鬼畜性能だろうなとは思う
Posted by at 2013年02月26日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。